FC2ブログ

「バリ」とのお付き合い

2019.03.01(20:00)
こんばんは。
8823スタッフのえのもとけんたです。
3月に入りましたが今日はまだ少し肌寒いですね。でも、春はもうすぐです。

早速なんですが、皆さん自転車の話で「バリ」って言葉使われたり聞かれたりした事ってありますか?
「あまり聞かない」とか「聞いた事ない」という方が大多数かと思います。私自身も自転車の世界に入って始めて聞きました。
ここで、インドネシアのリゾート(Bali)の話をしてもいいのですが、今回はそちらではなく「バリ(burr)」と呼ばれる金属片と自転車屋さんの付き合いのお話です。

「工作物の加工過程で、はみ出た余分な材料。」←これが、「バリ(burr)」の辞書的な定義だそうです。

ですが、自転車屋さん的には少し受け止め方が異なります。自転車屋さんにとっての「バリ」っていうと辞書的な定義の中の「余分な」の部分がより強調された受け止め方をする感じが明確に御座います。
といいますのも、私達自転車店経営者にしても普段自転車に乗られている皆様にしても明確にこの「バリ」の被害に遭い続けているからです。強く意識しないだけで明確に延々と「バリ」と付き合っているし、「バリ」に悩まされている日々なわけです。

あ、あのこれパンクの話です。

皆様が自転車屋さんに自転車をお持ちになられた後、修理完了後にパンクの理由を説明される事があるかと思います。
その時に小さな金属片を見せられる事があるかもしれません。それが、「バリ」です。

自転車のパンクの理由には、バリ以外にもガラス片だったり木の枝だったり釘などが刺さった時や空気圧不足などがあるんですが、この「バリ」が原因のパンクははっきり言って厄介です。その理由は、「バリ」がタイヤに埋まっている事がほとんどだからです。
もう、慣れてしまった話なのですが私は普段からパンク修理の際は、自転車のタイヤの表面をなめるように目視で確認し、タイヤの裏を丹念に指先で確認しています。それでも、見落とす事がある存在。それが「バリ」です。

あとは、夏などに底が薄い靴を履いた状態で作業していると足の裏がチクチクする事が毎年御座います。この普段お客様のタイヤを舐めるように見続けている自転車屋さんにさらに自分の靴の裏まで確認させるやつ。それが、「バリ」です。

あとは、たまに素手で作業している私の手にスッと刺さってくる目視では確認できないような細くて鋭いやつもいます。それが、「バリ」です。

と言う事で、本当に厄介な存在だなぁと思いながら日々「バリ」とお付き合いしております。

という小話だったのですが、少しは私のパンク修理に対する真剣さが伝わってくれていると嬉しいです。
真面目に真剣にやっても100%の作業になりません。今後も精進したいと思います。
当店では、出来るだけお客様に気持ちよく自転車の修理をお任せいただけるように迅速丁寧な作業を心掛けております。
今年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。m(_ _)m



スポンサーサイト

春需(はるじゅ)に向けて

2019.02.11(20:00)
こんばんは。
8823スタッフのえのもとけんたです。
雪がパラパラと舞った3連休でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私どもは、決算と確定申告の作業をしながら春需に向けて備えております。

さて、今日はこの『春需(はるじゅ)』という単語についてです。
もう、約10年前になるのですが私が自転車の世界に入って始めて聞いた重要なワード、それが『春需(はるじゅ)』です。自転車を販売する側の方でないと聞きなれない単語かと思います。春は、自転車の需要が一番高まる時期という意味を略して春需です。私は、そう思っています。

お店をやっていると1年間の様々な目標というのがある訳ですが、自転車屋さんの売り上げ目標を考える場合、もうこの春需の時期(3月半ば~GW明けくらいまで)で半分くらいは決まっちゃう感じがあります。逆に言えば、春需の2か月くらいはあまり余計なことを考えず自転車屋さんにいらっしゃる目の前のお客様に集中するべき時期だったりします。

最近は、
「春需なんかもう無くなっちゃったよ。」
なんて事をおっしゃる方も自転車の世界にはいらっしゃいますが、それでも自転車の世界はやっぱり春需で売り上げをしっかり確保したうえで残りの時期も頑張ろうとかやりすごそうとか何とか乗り切ろうとかそうゆうモチベーションで頑張った方が「生き抜きやすい」感じがします。

もしかしたら、私なんかは「春需の2か月はしっかり頑張ってあとは無理をしない。」なんていうちょっと肩の力を抜いたスタンスの方が途中で無理がたたってリタイアしたりせずに済むのかもしれません。

と言う事で、今年の春需。どうなるんでしょうね。

為替が円安に振れていて荷物配送の運賃が上がっている中で「売る物がない。」という本音も垣間見える今日この頃なんですが、それでも2019年も春需はやってきます。

楽しみですね!
ご来店お待ちしております。m(_ _)m

新年あけましておめでとうございます!

2019.01.09(20:00)
こんばんは。
8823スタッフのえのもとけんたです。
年が明けてだいぶ経ってしまいましたが、新年のご挨拶をさせてください。

昨年(2018年)は、自転車で自動車に跳ねられたり、体調不良で入院したりと散々な一年の中でなんとか店をやりくりしてきた一年でした。店の方は、お客様と良い時間を過ごせた一年だったように思います。売り上げは、一昨年と変わらずでした。

今年(2019年)は、個人的には事故や怪我なく愉快な日々を送りたいと思っております。
店に関しては、「良心的なサービスを良心的な価格で提供する店」としてお客様から信頼される事や信用を得ることを目標に頑張りたいと思います。売り上げは、欲しいですけど「期待値を上げるには時期が悪いな」という本音です。

来年(2020年)は、オリンピックイヤーです。恐らく、東京五輪の観戦の為に数日休みを頂くものと思われます。ご了承ください。

と言う事で、2020年以降を見据えて2019年も頑張りたいと思います!
本年(2019年)も自転車専門店サイクルラボはやぶさをよろしくお願いいたします。

年末年始の営業について

2018.12.25(10:00)
こんばんは。
8823スタッフのえのもとけんたです。
あっという間に今年も残すところあと2週間となりました。
2018年の当店は、あっという間に1年が過ぎた1年でした。
今年は、本当に色々あって大変な一年でした。
自転車店の方は、ひたすら地域の皆様のサイクルライフのお手伝いを丁寧にさせていただく日々+年中展示会巡りがある感じでした。ようやく色々と落ち着いてきたんだと思います。

今年は、色々と出物の自転車を買い付けることが出来ました。ですので、現在の当店の店頭には出物が沢山並んでおります。
ご縁が御座いましたらよろしくお願いいたします。

さて、年末年始の営業に関してです。

12月31日(月)~1月4日(金)まで年末年始休業とさせていただきます。

年内の営業は、30日(日)まで。
新年の営業は、5日(土)からとなります。

よろしくお願いいたします。

自転車専門店サイクルラボはやぶさ(Cycle Lab 8823)に関する最新情報はこちらをご覧ください。

2018.11.11(17:00)
<店舗紹介>
再掲:サイクルラボはやぶさってどんなお店?!
http://8823bikes.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

<自転車のメンテナンスをご希望のお客様へ>
再掲:スポーツバイクのメンテナンス・オーバーホールについて
http://8823bikes.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

<8823Racing>
2018年9月末現在、不定期で活動を継続しております。
練習参加を希望なさる方は、店頭までお問い合わせください。
| ホームへ | 次のページ>>