fc2ブログ

パンダえのもと

2011.07.27(16:14)
こんにちは。
8823スタッフの榎本謙太です。

今日は、朝から次から次にメーカーの営業さんがいらして色々な話をしていました。
そして今、一息ついて自分の仕事をするかといった話なのですが、ホント5分に一度
くらいの頻度で覗かれます。
そこで今日はこんなタイトルを持ってきました。
まあ、べつにやましい事なにもないからいいんですけどね。
昨日なんか夜中の2時過ぎにサラリーマンの方がこちらを不思議そうな顔をして見て
いました。
サラリーマンの方々も大変でしょうが、会社の看板のない私たちの方が必死な気がします。
ただ、好きなことに関連したことを一日中しているだけですので煩わしい人間関係が
ない分、私には合っているかなという気がします。

カーボンフレームのBOMAの営業さんが試乗車を貸してくださったので試乗なさりたい
方はできれば平日に身分証明書を持参していらしてください。
短い時間ですが無料で試乗していただこうと思っています。

99本目のタイトルがこれじゃ先が思いやられますね(笑)
明日の100本目は私たちが福生で自転車店を始めようと思った理由をお話しします。

さあ、頑張ろうっと。
スポンサーサイト



日経マネー あさひ 下田進社長インタビュー

2011.07.27(02:49)
こんばんは。
8823スタッフの榎本謙太です。

この5分から10分で書きなぐるブログもなんだかんだ私の生活の一部になって
来た気がします。
日経マネーで下田社長が昔話をしています。

読んだ感想。

なんだか、徹子の部屋で野口五郎がデビュー当時の話をしている様子を見ている
のと同じ気分にさせられますね。
まあ、偉い人のインタビューっていうのは今の話に交えて昔話をするもの
なんだろうけどさ。
でも、僕が見たビデオの中の下田社長はもっと突き抜けていたんですけどね。
丸くなっちゃったのかな。

私も下田さんの昔話に出てくる働き者の生活をここ数か月送っているわけですが、
こうして自分のお金と時間を切り売りして働いていると修業時代はいかにぬるま湯
で腐っていたかがよくわかってしまいます。
でも、もうわけのわからない人にわけのわからない事言われなくていいんだから
こっちの方が100倍自分には合っていると思います。
もう、いい仕事して数字を整えようと24時間働くつもりでいる方が、わけのわからない
人の下で働くより僕は好きです。


あと、2点ほど気になる点がありました。
1点目は、年商2億でもスタッフ3人。
これはすごいですよね。
一般的には、一人3000万が限界と言われているそうですが。
仮に1日16時間働いて一人頭の限度を3000万から倍の6000万にしてもいかない数字ですよね。
恐ろしい数字だなと思います。

2点目は、仕事で誰かの役に立つことが喜びなんですという台詞です。
私には、これが本当によくわかります。
私は大学を卒業したらどうしても自治体で財政がやりたかったんですよね。
友人には、商社行けとかお前は民間向きなんだから諦めろとか色々いわれましたけど、でも
今もやりたくて勉強しちゃっているんですよね。
まあ、父も自転車屋やるのをずっと我慢していたわけですから私も自転車屋で成功して、いつか
チャンスが巡ってくればいいなと思ったりする時があります。
よく家族の為なら頑張れるとかいう人がいますが、国の為とか地域のためという立派なものでは
ないんですよね。
アウトローに沈んで鬱屈とした感情を抱えて生きている人たちを一瞬でいいから解放してあげたい
という本質的な欲求が私の中にあるんですね。
そこを突き詰めるとどうやって持続可能な財政システムを構築するかという話に行き着いたんです
よね。
ここで持論を述べても仕方がないので終わりにしますが今、私が地域の人のためにいい仕事を
したいと言っているのは私の中にある本質的な欲求からくるものなので商人の方たちには理解しが
たいかもしれません。

このバカ余計な事ばかり喋りやがってと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は24時間無給で必死に働ける以外に目立った点が見当たらない大バカモノですのでご了承ください。
これでもかなり控えているつもりですので。

よろしくお願いします。
おやすみなさい。

まもなく戦いが始まります。

2011.07.26(17:45)
こんばんは。
8823スタッフの榎本謙太です。

看板がついて一階で作業をしていると様々な方が覗いていかれるので、私は
動物園のガラスの中の動物のようです。

すごく緊張感があっていい感じです。

業界の方には良くも悪くも色々言われているみたいですが、業界の方々に散々
批判されて叩いて叩いて叩きつくしてなにか残れば私たちの勝ち、残らなけれ
ば私たちの負け。
わかりやすいですね。
そして本当に面白いですね。

ここ、福生は横田基地のアメリカ人のみならず中国人留学生も多い多国籍な土地
です。
こうゆう土地だからこそ、私たちにしかできない仕事があるはずなんだと思っています。
とりあえず、この間仲良く話したお兄ちゃんのおかげで横田基地の中ではあそこに親切
な自転車屋ができるよと言う事は広まっているみたいですからね。

最近、様々な営業の方々の訪問が正直わずらわしくなってきました。
営業中は福生のお客さんの自転車の事だけ考えていたいんですよね。
金儲けの話は僕より高いコストパフォーマンスで働くようになってからにして欲しいな
と思います。
でないと見えている世界が全然違うから面白い話もできずに時間の無駄だなと思って
しまうからです。
流行ってない店は営業さんが来てくれると嬉しいらしいのですが、私は突き抜けようと
思って必死にやっているので必要な事だけ伝えていただければ十分に感じています。

この間、業界紙でブリヂストンサイクルの社長がこれからはビッグカンパニーの時代では
なくてインポータントカンパニーの時代になるのではないかと言っていました。
様々な受け取り方ができると思うのですが、私も同じように感じています。
ビッグカンパニーにはビッグカンパニー向きの人が集まるから、コアにいる人間がどんな
に旗を振っても彼らは死ぬ気で働いたりしないんですよ。
中から見ていて本当にそう思いました。

かといって、あの店はやっぱり小さいからとか1店舗しかないから高いとは言われたく
ないわけです。

スモール+インポータント+ハイコストパフォーマンスを実現して、福生市民の方々に
愛していただける店を作るために今必死で頑張っています。
一生懸命やったからってうまくいくとは限らないわけですが、後悔だけはしないように
しようと思っています。
シマノの中村さんもおっしゃってましたけれども自転車で大儲けしようとしちゃいけない
んだと私は思います。
儲けようとすると靴買いに来た人に防水スプレー売りつけるのと同じようなわけのわから
ないことをしなきゃいけなくなるわけですからね。

世の中金だし、数字残さないと続けていけないわけですが、自分の利益のために人に迷惑
をかけるようなことをし続けているといつか手痛いしっぺ返しにあうんですよ。
堅実に自分の食い扶持の分だけ稼いで、地域の方々の役に立てれば十分と思って謙虚に
取り組みたいと思います。
そもそも、私はほとんどお金を使わない人なので一日中働いている限り最低限しかかから
ないはずなんですよ。

頑張ろう。
では。

福生の街の自転車屋として

2011.07.25(21:03)
こんばんは。
8823スタッフの榎本謙太です。

昨日の夜中についに看板がつきました。
横看板、縦看板、カッティングシートの3か所で非常に目立ちます。

明け方まで看板屋さんとうちの建物ができた時の話や看板屋さんの
昔の仕事の話をしていました。
番さんと鈴木さんが作ってくださった隼と自転車を融合させたロゴ
の評判は本当に良いので頼んで良かったなと思っています。
そのうちHPにも妹に写真を撮ってもらってUPしますが機会がありま
したら直に見にいらしてください。

今朝、私が寝ている間に横田基地のアメリカ人の方がMTB用のBBを
在庫していないかという問い合わせが父にあったそうです。
一般車とロードの店にするつもりでもお客様の要望があれば、答え
ようとしなきゃいけないんだなと痛感しています。
なにしろ、私たちは福生の街の自転車屋なのですから。
自転車に関する依頼はなんでも対処できるように努めなければいけ
ないわけです。

さきほど、法政大学の学生さんから遠征費を捻出する為にTシャツ
を売るから買って応援してほしいというFAXが来ました。
なでしこジャパンの裏話を聞いていてもそうですがマイナー競技は
続けるためには本当にお金の問題というのは切実なんだなというのが
よくわかります。
なかなか難しい面はありますが、できる範囲で応援してあげたいと
いう話を父ともしていました。
その為には、私がきちんと稼がなければならないわけですが。

話は少し変わるのですが、昨年群馬のサイクルショップタキザワで
カーボンロードバイクを完成車で買いました。
フレーム買いして組み付ければいいかなと思っていたのですが、
結局部品買いして自分で組み付けるより完成車で買った方が金銭的
にも手間の面でも割がよいので完成車にしました。
請求書を見ると、フレーム以外のコンポが一点ずつ明細に載せられて
いて特に組み付け工賃等は取っていないようでした。
父とそれを見ながら、こうやって部品をすべて定価で売れれば工賃と
らなくてもきちんとペイするものなんだねといった話をしていました。
工賃のだいたいの相場は聞くのですがどんなものなんでしょうね。
まあ、とりあえずお客さまからの要望を伺いつつ方向性を決めていき
たいと思います。

だらだら書いてしまいました。

結論!

福生の街の自転車屋として自転車に関することはなんでもやろうと努める。

チェーン店や量販店に負けない価格設定をする。

親切、丁寧なサービスを心掛ける。

どんなに言い訳したり、自分を慰めるセリフを吐いても数字で負けたらお終い
だから。
昔、いい営業マンは絶対にお客様に損をさせないように最善を尽くすものだよ
とバーカウンター越しに言われたことがあります。
お客様にあそこの店と付き合って損をしたなと思わせたら次はないわけです。
仮にお客様が損したなと思っていなくても、プロ目線でお客様に損をさせて
しまったなと思うような仕事をしたら今度は自分で自分が許せなくなります。
だから、いい仕事してお客様といい時間を過ごせるように必死でやるしかない
んですよね。

頑張ろう。
では。

画材屋さんのイチゴ

2011.07.24(18:45)
こんにちは。
8823スタッフの榎本謙太です。

当店入り口脇にはガラスで作ったイチゴの絵が飾られています。
それがこちら。
画材屋さんのイチゴ縮小版

この地で30年以上画材屋さんを営まれていたミロ画材さんが大事になさっていたもの
なのだろうから残しておこうという話になりました。
私も小学生のころ、こういったものを学校で制作したので近隣の小学生が作成したもの
なのでしょうか。
なんだか、本当にかわいらしいくておいしそうです。
当店の前を通られる機会がありましたら、空気を入れるついでにでもじっくり見てあげて
ください。

店の前に黄色いホースがぶら下がっていますがこちらでコンプレッサーの空気を無料で
いれていただけます。
ぜひ、ご利用ください。

今日、1階で作業をしていたら突然お客様がいらしてブリヂストンのアルベルトを注文して
いかれました。
まだ、店内は雑然としていたのですが他店でたらいまわしにされてうちにいらしたとの事
でした。
「ブリヂストンの自転車がこれだけある店はなかなかないからいいわね。」と言って帰って
いかれました。
ブリヂストンの売れ筋の自転車は常時在庫しております。
合計25台前後になります。
ホームセンター等に置いてある自転車よりは値が張りますが、本当にいい自転車ばかりです
のでゆっくりご覧になりにいらしてください。
わかりやすく納得がいくまでご説明させていただきます。
価格の面でも頑張ってますので、ご縁がありましたらアフターケアも含めて当店に任せて
いただけると大変嬉しく思います。

その他、その場で持ち帰れる特価車やオリジナル車等々選りすぐって店頭に並べさせていた
だく予定です。
チェーン店やホームセンターで売っている価格帯の自転車が欲しいんだけれども、アフターケア
はしっかりした店に任せて大事に乗りたいという方もご相談ください。
福生近隣住人の方々のサイクルライフの質を向上させるのが私の使命だと思って頑張りますので。
よろしくお願いいたします。

2階は、自転車好きの方に開放させていただいているスペースですのでサイクリングの休憩地点
として涼みにいらしてください。

ツールは、カデル・エヴァンスがTTで逆転して南半球にマイヨジョーヌを持ち帰れそうです。
エヴァンスは本当に嬉しそうでしたね。
今日は、3週間のレースの余韻に浸りたいと思います。
それにしても、J SPORTSのサイクルロードレース中継はレース終了後もバタバタしないでのんびり
しているのが本当に素晴らしいですね。
まあ、有料放送だからなのかな。
あの余裕が私にも必要な気がします。

自転車屋を楽しもうと思います。

では。
| ホームへ | 次のページ>>