fc2ブログ

東京サイクルデザイン専門学校

2011.08.10(19:41)
こんばんは。
8823スタッフのえのもとけんたです。
(ホームページは「福生 8823」で検索してください。)

ここ数日、株価は乱高下し、イギリスではロンドンを中心に若者が暴動と略奪を
繰り返すといったあまりよくないニュースが入ってきています。
自転車店のブログなので、あまり言及しませんがどちらも起こるべくして起こった事
ですので特に大きな驚きはありません。
今後、円が高止まりするといっそう若年失業者が街にあふれ治安が悪化することは容易
に想像ができます。
私が学生の頃、「ニート」というイギリス本国ではもうほとんど使われていない言葉が
日本に輸入されすっかり定着してしまいました。
ちょうど都立大の1年生向けの講義で宮本みち子さんの「若者が社会的弱者に転落する」
を教科書として講義が実施されていたころの話です。
グローバル市場の前で、ギタギタに切り刻まれ続けるであろう日本的システムをどうやって
維持して社会の安定化を図るのか、東京の端っこから静かに見守りたいと思います。

ちょっとまえがきが長くなってしまいましたが、こんな社会が殺伐としている中で、
自転車業界ではこんなことが始まりますというのが今回のタイトルです。
私が、目黒の九十九サイクルスポーツさんに遊びに行った時に「こんなの始まるけどどう?」
とパンフレットをもらったのがこの学校のものでした。
それ以来、ホームページをちょくちょくチェックしていたのですが、昨年からずっと消えて
しまっていました。
それが最近復活したようです。
こちら

先代の頃から、変わった自転車を製作することで有名なケルビムの今野真一氏が主宰なさっている
フレームビルダーと言いますか自転車業界で活躍する人材を養成する学校です。
この学校の、まずは数字の理解、そこから先のデザイン等の感性の世界の話は各々の精進次第といった
姿勢は私も正しいと思います。

ただ、ちょっと学費が高すぎる気がするんですよね。
初年度、135万円ですからね。

ただでさえ有名になってもあまり稼げないというあまり夢のない自転車業界でこの学費を提示すると
言う事は最初からお金持ちの子弟の方向けと言う事なのかもしれません。
九十九サイクルの田辺さんからいただいたパンフレットにはあさひの下田社長が出ていたので、
もしかしたら就職先としてあさひを斡旋してくれるのかもしれません。
慢性的な人材不足みたいですからね。

あまり、多くは語りませんがよくある先人が自分たちに都合よく考えた商売のひとつという事なん
じゃないかな。
堅実な方には、街の自転車店でのアルバイトから始めることをお勧めいたします。

1階で仕事をしていると、通りから丸見えなので休みの日なのにお客様が来ちゃいますね。
まあ、皆さんお困りのようですからお役にたててうれしく思っております。

あまり、一般車の宣伝したりしない方がいいのかな。
ただ、あまりお高くとまりたくないんですよね。
難しい所ですね。
スポーツ、一般車、キッズ等を織り交ぜながら明日以降も続けます。
では。


スポンサーサイト



<<カンパニョーロ補修パーツ入荷しています。 | ホームへ | 土井雪広、ブエルタ・ア・エスパーニャ出場決定!>>

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://8823bikes.blog.fc2.com/tb.php/122-d43d6d2a
| ホームへ |