fc2ブログ

小型店なのか大型店なのか

2011.05.12(19:00)
こんにちは。
8823スタッフの榎本謙太です。

今日は、気分転換に都心の喫茶店でコーヒーを飲んでボーっとしてました。
ボーっとしているとふと思いついた事が今日2本目のテーマです。

(株)グローバルという会社からサイクルビジネスという業界紙が出ていま
して当社ではそちらを購読させていただいております。
その中で、ある店の店主が現在は中規模の店は大規模なチェーン店にパイを
食われてしまっていてなくなりつつあり、残るのは当店みたいな小型店か
チェーンの大型店だというような持論を述べていらっしゃいました。
その理論だと中規模にあたるうちみたいな店は大型店と競合してしまって
淘汰される事になってしまいます。

おそらく、小型店というのは
1.持ち家で家賃がかからない
2.家族経営で人件費もかからない
3.在庫は少なく修理がメイン
4.一般的には高額車種が売れ筋
5.修理工賃は他店購入車には高めに設定

といった形のモデルが想定できます。

一方、大型店というのは
1.ロードサイドに高い家賃を払って借りている
2.多くの従業員を抱え毎月決まった額の給与を払わなければならない
3.在庫はふんだんにあり販売がメイン
4.大量仕入れで価格競争力が高い
5.修理工賃はさほど高めに設定されていない

といった所でしょうか。

ただ、これはあくまで私のイメージで自転車屋には街の自転車屋、プロショップ、
チェーン店と様々あるので一概には言えません。

ただ、せっかくなので8823をこのモデルに当てはめてみたいと思います。
1.ロードサイドだが高い家賃を払って借りているわけではない
2.従業員は父と私の2名の家族経営
3.在庫をそれなりに置くことで販売をメインにしたいと考えている
4.最初は、価格的には小型店よりで高額帯中心にならざるをえない
5.修理工賃は低めに抑える予定

メーカーの営業さんが店を見て新しいモデルを想像しないといけないかもなあ
とボソッと言っていましたが、普通にやっていると大型店に食われて3年で
終わってしまうような嫌な予感が時々します。

なんとか、当店で1台目の自転車を買った幼稚園児が通勤用のクロスバイクを
買いにくるくらいまで寿命を持たせられるよう精いっぱいやりたいと思います。
スポンサーサイト



<<ジロ・デ・イタリア | ホームへ | 店が広すぎる>>

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://8823bikes.blog.fc2.com/tb.php/16-aa56b30f
| ホームへ |