fc2ブログ

自転車店のブログなのだから

2011.05.21(00:31)
こんばんは。
8823スタッフの榎本謙太です。

やっぱり、自転車店のブログなのだから自転車の話をするのが需要が一番あるんでしょうね。
そこにきちんと答えてかなきゃいけないんだなと改めて思いました。
自転車の話は開業後にお客様の自転車を触りながら感じたことなどを中心に書いていこうかと
思っています。
ただせっかくなので、ちょっと書いてみます。

この間、父が知り合いからデローザのカーボンバイクを購入しました。
店で、試乗車にでもしようかという話になっています。
父は、それを組んで乗りながら調整をしていたそうなのですが、なんかチェーンのテンションが
乗っていて張りすぎな感じがするとしきりに言っていました。
確かに、触ってみるともう一こまくらい余裕を持ってもいいのかなという感じはしました。
ただ、皆さんもご存じだと思いますが多段化の影響でチェーンの寿命が短くなっています。
その辺りを考慮に入れるとちょっと伸びた時(この表現が適切かはわかりませんが)に丁度
良いように組んであるのかもねという結論になりました。

ここで、私は一般車が新車で入ってくるときのチェーンのテンションを思い返してしまい思わず
おかしくなってしまいました。
新車時の一般車のチェーンのテンションってもう本当にパッツンパッツンなんですよね。
同僚とはよくお客さんはチェーンが外れない限り調整にもってきてくれないから、わざと最初から
ガチガチに張っているのかもねというような話をしていました。
それで、私が思い返して可笑しくなってしまったのは私が働いていた店では修理点検時に必ずチェ
ーンのテンション調整をするのですが人によっては新車時と同じくらいまでチェーンを張りなお
す方がいました。
確かに、なかなか外れないようにするという観点からするとそれは正しいのかもしれませんが、
BB(ボトムブラケット)の部分に気づかない程度のガタつきがあったらどうするんだろうな
とか思いながらなにも言えずにいました。
まあ、気づかないガタつきなんてないと言った理屈なのかもしれませんが。
ちなみに、一般車のBBの部分にガタつきがある状態でチェーンを張ると最終的には中のベアリング
の破損等が原因となって自転車を買い換えた方が安いかもしれませんねといった話になってしまう
事が多かったようです。
私も新人の頃、修理を受け付ける際にこのBBのガタつきを見落として修理に回してしまい担当者に
きつく釘を刺されたことを懐かしく思い返してしまいました。

自転車業界には、当然様々な仕事をなさっている方がいらっしゃるわけですが私の眼には大きく分けて
スポーツバイクの方と一般車の方がいるんだなという感じが業界の方と話していると感じます。
つまり、スポーツバイクの方は基本的にはスポーツバイクの事しか知らない。
一般車の方は、基本的には一般車の事しか知らない。
完全にとはいえませんが、住み分けがなされている感じがします。
お互いの商売の事を理屈の上では理解しているけれども実態にはさほど興味がないといった所でしょうか。

ショップレベルの話になると、スポーツバイクに詳しい人間の方ができる奴みたいな扱いになる事が
多かったような気がします。
実際に、私が一般車担当などと言っていると同年代のショップスタッフからは馬鹿にされてしまうの
かもしれません。
ただ、一般車中心の店で修業したのになんでもできますとかいうのはお客様に嘘をついているような
感じがしてあまり好きじゃありません。
それに、私は1万円そこそこのママチャリを買いに来たお客様に少しでも気分良く帰ってもらえるように
しようと思っていつも接客していた所があるので肩書きは一般車担当が性に合っている気がしています。
謙虚ってわけではないのですが、単純にアウトロー好きなのかもしれませんね。

自転車の話は、内装ができあがって自転車が入ってきた後組み始める段階になったら沢山書きたいと
思います。
まあ、父との昔話ならたくさんあるのでそれ書けばいい話なのかもしれないんですけどね。
今日も、父は自分は自転車業界の生き字引だって自分で言ってましたので。

暖かくなってきて本当に良い季節です。
もうすぐ、梅雨に入ってしまいますがその前に充実したサイクルライフを送っていただければなと
思います。

おやすみなさい。
スポンサーサイト



<<今晩は、ジロ山岳~ツアー・オブ・カリフォルニア観戦 | ホームへ | 8823じゃダメなのかなあ>>

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://8823bikes.blog.fc2.com/tb.php/32-cd873c9f
| ホームへ |