fc2ブログ

本質的に価値のあるものを受容しやすい形で供給する

2011.05.02(19:32)
こんばんは。
8823スタッフの榎本謙太です。

今日のタイトルは私達の店舗運営での永遠のテーマです。
ちょっとわかりにくいと思うので私なりの解釈を簡単に説明します。

「本質的に価値がある」というのは、人間の中にある「良いものを良い」といい
たいという欲求にきちんと答えることができているという事だと私は解釈してい
ます。たとえば、ヨーロッパの方は値段は高いけれども良い自転車をメンテナン
スしながら何十年も乗る傾向にあるみたいだよと今日話した友人は言っていました。
ヨーロッパの方々のこういった姿勢は、本質的に価値があるものの魅力がよく
わかっているということになると思います。
私の父も、何十年も前のEverestやKalavinkaのフレームや初期のLookのカーボン
ロードを今も大事に乗っています。
つまり、私達はプロとして本質的に価値のあるものを見極める目は持っているという
ことになります。

次に、「受容しやすい形で供給する」とは、受け手すなわちお客様の事情に合わせて
お客様目線に立って商品を扱うということだと私は解釈しています。
たとえば、一番わかりやすいのは「値段を手ごろにする。」と言うことです。
あとは、お客様の事情を理解した上でわかりやすい説明をすることや安心してメンテ
ナンスを任せていただけるよう技術の向上に努めるといった事だと思います。

以上が、「本質的に価値のあるものを受容しやすい形で供給する」の私なりの解釈
なんですけれども、これが本当に難しいんですね。
いわずもがななんですが、本質的に価値のあるものはいつの時代も変わらないんです
けれども受け手はその瞬間瞬間で変化しているからです。
私達は、本質的に価値のある商品を見極めて店頭に並べ、お客様目線に立った接客
を行い続けることで一人でも多くのお客様にご来店いただけるよう努めたいと思って
おります。

そこで、今日やっとHPがUPできる段階まできたのでご紹介させていただきます。
アドレスはhttp://www.8823bikes.com/
一応、本質的に価値のあるものを供給させていただこうと思いまして出版社で
プロのカメラマンをしている妹の写真をベースに駆け出しですが運営のプロの
方に自分達で途中まで練った案を元に制作していただきました。
トップページには父が乗り続けている初期のLookのカーボンバイクを掲載し
ています。
妹の写真は、最初はなかなかわからないのですがよくよく見ると本当にうまい
です。
ぜひ、Galleryをごらんになってください。
ロゴ等は、これから妹の友人のプロの方に作っていただく予定です。

最後に、作成途中の段階では妹や友人にセンスがないと悪く言われながらもめ
げずに最後までHPを仕上げてくださったHP作成サービスarigatoの柴田さんに
お礼を言ってこの項を終わりにしたいと思います。
ありがとうございました。

スポンサーサイト



<<所詮、街の自転車屋。。。 | ホームへ | 久々の休養日>>

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://8823bikes.blog.fc2.com/tb.php/5-cf8d2d9c
| ホームへ |