fc2ブログ

選手が競技を辞めた後

2011.05.05(18:57)
こんばんは。
8823スタッフの榎本謙太です。

自転車店の開業準備をしていると、当然の事ながら父と自転車
の話をする事が多くなります。その話は、本当に多岐に渡るん
ですが、同じ話を何度も繰り返し聞かされることがよくあります。
それが、今回のテーマである「選手が競技を辞めた後」の話です。

私の父は、法政大学の出身なのですが大学卒業後は実業団で
選手にはなりませんでした。本人は多くを語りませんが、いつも
強調するのは選手が競技を辞めた後大成するのは選手として
成功することよりも難しいから実業団の道を自分は選ばなかった
という話です。経験のない私の眼には、インターマックスの今中
さん等、元選手で成功されている方は多くいらっしゃるように映る
との旨を父に話すと、成功者は本当に一握りでうまくいかずに苦労
している人が大勢いるんだよと父はいつも繰り返し語っていました。

このテーマで話をする時に必ず出てくるキーワードに「森君」という
名前がありました。森君は、選手として強いのみならずほかの選手に
勝ちを譲って華を持たせたりするから選手にも人気のある本当にいい
やつなんだと繰り返し繰り返し父は語ります。
そんな、森君も引退後はレースをやりたい人に自転車教えますなんて
やって本当に苦労していて気の毒だというのが父が森君の話をする時
に言いたいことの主旨でした。その「森君」なんですけれども、先日
フルネーム(森幸春さん)を聞いて検索をかけてみるとかなり有名な
方で最近横浜に店を持ったとの記事が出てきました。
その記事を目にした時の父は、苦労が報われたんだなと思ったのか
本当に嬉しそうでした。いい時も悪い時もあったのでしょうが、一途に
自転車一筋で道を開いた森幸春さん、カッコいいですよね。

父との昔話は、本当にたくさんあるのでまた機会があったら活字にしたいと思います。








スポンサーサイト



<<アウトローアウトハイ | ホームへ | 商売を続けることの大変さ>>

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://8823bikes.blog.fc2.com/tb.php/8-e8ccc331
| ホームへ |