fc2ブログ

僕の代わりはいくらでもいるんですよね。

2011.07.02(03:50)
こんばんは。
8823スタッフの榎本謙太です。

先ほどまで、元同僚たちと食事をしてカラオケに行っていました。
皆、各々の環境で元気にやっているようでほっとしました。
途中、電話のみで参加された方もいたりしまして眠かったですけど
凄く楽しい時間が流れました。

今日のタイトルは修業した店のスポーツパーツコーナーを見て、なぜか
ふと思ってしまったことです。
自転車業界には私より自転車が好きで自転車に詳しい方はごまんといる
でしょうし、お客さんでも私より優秀な方はいらっしゃると思います。

じゃあ、私の存在意義はなんなんだろう。

ふと、そんなことを考えてしまいました。
様々な方の協力を仰ぎながら仕事をしていると人間関係の調整能力という
ものが本当に問われるようになってきます。
全ての関係者の方に、友人に接するように自然体でいるわけにはいかなく
なり様々な利害の調整が必要となるわけです。

こういったときに、普通の人の気持ちや考え方、常識的な思考が自分には
欠如しているのではないかと思ってしまう時があります。
昔、お前みたいな宇宙人と同じようには普通の人は考えられないからなと
人に言われたことが頭をよぎってしまうわけです。

自転車に関して特別な能力があるわけではなくて、普通の人の気持ちを十分に
理解できていないため調整能力も欠如している私に存在意義はあるのかなと心
の底から思ってしまうわけです。

ただ、もう以上の事は無意識のうちにわかっているんでしょうね。

私は、今の仕事ではひたすらしっかりとした土台を作るために泥臭い仕事ばかり
をやっています。
私が作った土台の上で才能のある方たちが自由に良い仕事をしてくれれば十分だと
無意識のうちに思っているんだと思います。
私の今の仕事における替えのきかない要素としては、何を言われてもたいして文句
を言わず期限内にしっかりとした土台を作るために寝る間を惜しんでタダ働きして
いるということくらいでしょうか。
まったくたいしたことではないですよね。

困った困った。
能力がないって辛いですね。

とりあえず寝てすっきりします。
おやすみなさい。
スポンサーサイト



<<ツール・ド・フランス2011第1ステージ | ホームへ | 2011年も後半に入ります。>>

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://8823bikes.blog.fc2.com/tb.php/89-4c27eb42
| ホームへ |