fc2ブログ

サイクルスポーツWEB版に紹介されました。

2011.07.13(16:57)
こんにちは。
8823スタッフの榎本謙太です。
記事の更新が久々になりまして申し訳ないです。

この間のライトウェイの懇親会で声をかけてくださったサイクルスポーツ様が
簡単にですが店の開業を告知してくださいました。
記事はこちら

サイクルスポーツ様、本当にありがとうございました。

サイクルスポーツに掲載されるような店舗はどこもクラブチームを持っている店舗様が
多い印象があります。
もうちょっと先かもしれないですけれどもクラブチームの立ち上げを考えた方が父がお客様
の役に立つ機会が増えるなと考えております。

父は、長年法政大学自転車部のコーチをやっていましたので現在ロードレースの世界の第一線
で活躍されている選手の学生時代の指導を担当していたりしました。
大阪に赴任していた時代には、プロショップのクラブチームの監督として若い選手を率いて
一緒にチームロードなどの種目でシマノグリンピアロードなどで好成績を残していました。
要は、父はプロになるレベルの選手からまったくのビギナーの方まで幅広く自転車の楽しみ方を
指導させていただける人間だという事です。
この父の経験と実績をどうお客様に還元していくかという仕組みを考えるのが私の仕事だと
考えております。

クラブチーム名は、「隼レーシング」とか「8823レーシング」とかになるのかな。

これは父が良く語る昔話なのですが、現在神宮と立川の2か所でプロショップをなさっている
ロードバイクの名店がありますけれども、父はレースに参加していたころはそちらのお店の
機関紙にボロクソに書かれていたそうです。
そちらの店舗は結構大規模なクラブチームを持っていまして強い選手から弱い選手までより
どりみどりなわけです。
そうすると、レースでは徒党を組んでクラブの中の誰かを勝たせようとしてクラブ員以外の強い
選手を集団で潰しにかかるんですね。
それでも、何レースかこなすとやっぱり強い選手は強いという事で早仕掛け等でくぐり抜けて
潰しにかかってきたにもかかわらず父が勝ってしまうわけです。
そうすると面白くないから後日発行される機関紙でボロクソに叩かれると言った事が昔あった
よと笑いながら話していました。

自転車乗りには一匹狼の方も多いと思いますので、拘束のきつくないゆるいつながりの中で
クラブは運営していきたいと考えております。
その中で、父の指導でもっと速くなりたい方、自転車に乗って私と一緒にダイエットしたい方、
うちの屋上で飲み会をして騒ぎたい方等を時間をかけて募りたいと思います。

正直、まだ何も決まっておりません。
とりあえず、時間をかけてクラブ員を集めたいと思っておりますので興味のある方はホームページ
の問い合わせフォームからお問い合わせください。
老若男女問わず、自転車の面白さを一緒に追求しましょう!

よろしくお願い致します。
スポンサーサイト



<<大先輩からのメッセージ | ホームへ | はじめてのお客さま>>

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://8823bikes.blog.fc2.com/tb.php/98-bb69bec3
| ホームへ |